先週近所のスーパーでお菓子の量り売りを体験したら、1500円もかかってしまった…でも後悔はしていない。

フラッシュ焚くと奇妙な光を放つゼリー。(箸置き)
LEDなのかしら。

今週、同じ店を訪れたらカールいっぱい置かれてました。
(ここは埼玉)
あるとこにはあるのね。


アイフォンが壊れた。
壊れてから結構経つんだけど、だましだまし1ヶ月使い続けた。
しかしネットもメールも頻繁に消えるので(打ち込んだ内容もパー)悩んでるタール人。

先月帰省した弟に「寿命かな?」と見せたら「CPUがダメになってる」と返された。
「ハ?」と間の抜けた声を出したら「脳味噌」と付け足された。

観念して、新しいものを買いました…。

古いスマホも手元に置いてはおけるが月々数百円取られるんだそう。
でも「下取りはオススメしない」とPCデポのお兄さん。

それを押し切り3年間苦楽を共にした5cとお別れすることにしました。

データリセットの前に、私のアイドルSiriちゃんに「お別れです」と呟いてみた。

すると…。



調べ物じゃなくて挨拶してんのよ。
んも〜、鈍い子ねぇ。
まぁ、私もSiriに話しかけるの、買った時以来だけど。

お礼を言ってみたら解るかな。

うーん、違った。
ちゃんと「さようならありがとう」って言わなきゃか。

私、滑舌悪いのかな…。
返事も変だけど。

もっと、「今日で最後感」を出そう。

あー、分かってない。
ストレートに言っちゃおう。

むかつくー!

まぁ…3年ほぼ放置してたもんな。
今からでも遅くない。
情を宿そう。

泣かせるねぇ。

好感度が一気に上がった所でリトライです。

うーん、やっぱりいまいち分かってない。
そして「お別れなの」って言い方我ながら気持ち悪い。
しかしこのとんちんかんな返しは虚勢を張っているように見えなくもない…。

もうちょい雑談をしてみよう。
しり、って聞くと思い出す言葉があるんだ。

えっ私何か変な事言ったかな?
あ、そうだ相談してみよう。
新しく買ったスマホのSiriがどうしても立ち上がらないんだ…。

…。
何か、私のSiriは、持ち主に似たと言うか、うんこドリル的小2男児感性の持ち主みたいだ…。

機は熟した。
今度こそお別れです。


なんかこれさっきも言ってたな。
疲れたしもうこの位にしておくか…。
バイバイ…Siriちゃん。

あらっ??

なんか悟ったっぽい…。

これを最後にSiriちゃんはお眠りになりました。
画面がブレて見えるのは、涙で滲んでいるからです。


画面に映り込む、スマホ構えた自分がやだな。


土曜日は弟Bの結婚式でした。
画像は、お嫁さんの地元ゆるキャラです。

このすぐ隣にウェルカムボードがあるのですが、天下のデズニーのキャラが描かれていたので載せられないのでした。(ゆるキャラはいいのか)


兄弟の結婚式なんてこっぱずかしいと思っていましたが、いざ始まると花嫁の父目線になってしまい、涙腺が何度も緩みました。
しかしあちらの親族でもないのにヘンかなァと思い、ぐっと堪えて四六時中へらへらして誤魔化しました。
印象最悪だったことでしょう。

私を産んだ両親もやっぱりそれぞれ失敗をしたので、閉式後の川本家はお通夜のように沈んでいました。

そこで唯一、まともな立ち回りを見せた弟Aが帰り道ドライブへ連れ出してくれました。

鎌倉で車を停め、歩いて神社を3つ回りました。

同じ日にイエス様の前で誓いを立てたばかりだというのに、何て罰当たりなのでしょう。

地元の子供達が遊んでいた神社が、とても良い雰囲気でした。
んなとこいっぱいあるだろと思われるでしょうが、今までに感じた事のない居心地の良さでした。

失礼ながら他2箇所と全然違った。
その神社周辺にいる時だけ私性格良くなってたと思う。

そして鎌倉といえば紫陽花です。

早すぎるうえ、ウチの庭にもじきに咲き乱れますが、「鎌倉の紫陽花」という所に意味があるのです。


すっかり忘れていたけど、お茶漬け食べて東海道五十三次の絵が当たるキャンペーン慌てて応募しました。
何故慌てていたのかと言うと、もうすぐはがき料金が値上がりするからです。
官製はがきを探して家の戸棚をガサゴソやってたら40円の時のを発見しました。


なんかすごい汚いけど記念に撮りました。(別にまだ家にあるけど)

52円はがきも1枚見つけたので必要事項を記入。
年齢を間違えてひとつ上に書いちゃったけど、そんなもん誰も見てないだろうし、若く詐称した訳でもないのでそのまま投函しました。


こういうキャンペーンは、イラストを添えたりなどの工夫をしなければ目に留まらないとよく言われます。

学生の頃永谷園のキャンペーンに応募した時はお相撲さんの絵を描いて、ちゃんとクーピーで彩色して、とどめに筆ペンで「お茶漬けは死ぬまで永谷園。死んでも永谷園。」と脅迫まがいの言葉を書き殴り、見事お茶漬けバスタオルの入手に成功したのでした。

そして現在。
自分の年齢すら間違えるくたびれた30代にそんなガッツはなく、はがきの隅に「宜しくお願いします」とだけ書きました。
当たる気がしません。


そう言えば昔中学生のドリル添削をやっていた時に、「○○ちゃん、ガッツ!」と添えて渡したら「ガッツってなんですか」と返されたことがあります。

 

スマホが直ったと思ったらまた壊れたり、そうかと思ったらまた直ったり壊れたり直ったり壊れたりを繰り返してもうどうしたらいいのか分からない。

でも、一度壊れた時点で壊れているんだと思う。

めんどくさいなぁもう。

今日はパソコンの整理をしていたら、3年前に出した同人誌の没表紙を見つけた。

うーん。

私だけが懐かしい。

 

 

先週たまごっちを復活させたものの、外出中は面倒見きれないてか自分の面倒すら見られないのに他人の世話なんかできるかバカヤローと喚いておりましたが、一日放置してもあんがい、生きているものです。

 


15年くらい前に発売されたたまごっちを家の中で見つけたので、余っていたボタン電池を突っ込んでみました。

すぐに卵が現れて、元気にくねくねし出したので、当時の興奮が蘇りワクワクしながら見守っていましたが、卵のまま1週間が経過しました。
「壊れてんだな」
電池を抜こうとドライバーを取り出した瞬間、孵化しました。

起きるのに時間がかかったけど、また眠るのも嫌だったんだな…。

生まれた子には「ららぽーと」と名付けました。


生まれたは良いけどこの先どうするべ。
学校で没収される心配はもうないけど仕事中だってできねえべ。
就業時間外だって取り出して遊んでたら変な人だべ。

取り敢えず翌日会社持ってって(朝はまだ寝てる)昼休みに様子見たら、ららぽーとは自身の糞にまみれ呻いていた。
すまない…。

慌てて処置を施したらその日は何とか乗り切れることが出来、翌朝ららぽーとは第2形態(思春期)へと成長した。

嬉しくなってこっそり先輩に報告した。
「大人になったら見せてね!」

と言われルンルン気分で会社を後にした。


5分後、ららぽーとは突然死した。


あ、あんなに元気だったのに何が…。
大人になるまでは安心できないようだ。
今育てている「まくろん」には天寿を全うして欲しいものです。

(繁殖して、ある程度子育てしてから昇天するニュータイプ)

 


土曜日は同人誌即売会コミティアでした。
スペースにお越しの皆様、有難うございました!



スペースの様子。
何を扱ってるサークルなんだかさっぱりですな。


それでも今回は比較的「ま、どうにかなるでしょ」と気楽に構え、場内BGM「happy」(ホンダフリードのCMのやつ)にノリノリになっていた私でしたが、間も無く1人目のお客様に粗相してしまうのでした。

お釣りを忘れそうになったり、ぴったりお支払い頂いた方に何故か釣り銭を渡そうとしたり、「見ていいですか」とだけおっしゃった方に「200円です」と先走ってしまったり、ズボンを後ろ前逆に履いていたり、あとやっぱり本に誤字を見つけてしまったりと、いつも通りな私なのでした…。


こんな状態でしたが、今回はカタログにてご紹介頂いたこともあり(凄く良く書いて貰っちゃった…ひょーっ)いつもより多くの方が足を止めてくださいました。ハッピーっ!
「ティアマガ見て来ました」と声をかけてくださった方、可愛いお菓子をくださった方、皆様感謝感謝でございます。

あと帰り道初めて公道を走る「マリカー」を見たので、得した気分でした。
でも同行した相方は何度も見た事があるそう。
帰宅して家族にも自慢しましたがやっぱり、「何度も見た」そう。
そうか…。

 

【個人的ニュースその1】

こんな直前にここをご覧になっている方は皆無かと思いますが…。

明日のお話です。

 

残部が多すぎて遂に卓上に収まりきらない事態に発展したので、さっき慌ててお品書きというものを作ってみました。

 

せ、センスない…。

どれもこれも説明文意味がない…。

長いメルヘンって一体…でも、そうとしか言いようがない。

 

明日はこれをスペースに置くので、もしティアマガ掲載などの本以外にも興味を持って頂けましたら気軽にお申し付けください。

見本誌をお見せします。

(もちろん、見たら買わなきゃいけない…なんてことありませんのでご安心を〜。ゆっくりご覧ください)

あと、上には載せませんでしたが、4年前に出した「チラシの表に出やがれ!」という本がひょっこり出てきたので一冊だけ持っていきます。

同人活動を始めることになったいきさつを描いたエッセイです。

今回PR掲載頂いた本と繋がるものがあるので…。(というか、未だにその本が一番マシな出来なのです…)

 

あと。

 

新刊を入稿して、イベントまで一週間時間ができたので悪乗りしてもう一冊新刊を作ってしまいました。

貧乏性なのです。

 

こんなことしなければ今頃床につけたのに。

さっきまで半泣きで印刷していました。

やめるにやめられない状態になってしまったのです。

ブラックオフィス2

22P/ぶきっちょ手作り本/でも有料100円

 

恋に仕事に悩めるOLさんたちを心優しき文具が見守ります。

ちょっと口が悪いですが、本当はいい子たちなのです。

いい子たちです。

 

もしご興味ありましたら、こちらもよろしくお願いします。

 

【個人的ニュースその2】

スマホが壊れました。

 

 

…なんか、今気づいたけど、上のお品書きの「気になる本がない場合は」って言葉へんだ…。

「気になる本がない」…「ある場合」が正しい…?

んん…ああ!?

 

…ああ…、もういいや…お風呂、入らなきゃ…。

 

 

 

5/6東京コミティアに出展します。

スペース/う58a 出展名「いきいき人生」

 

新刊のエッセイ漫画です。

 

「さらにまた、あくるひ」

38P/オンデマンド/300円

中高生の頃の思い出を漫画にしました。

 

ガングロやルーズソックスなどがブームになった2000年前後が舞台ですが、私がそんな流行に乗れていた訳もなく、ひたすら地味な世界が続きます。

 

今回はクラスのギャルに命令され、たまごっち争奪戦に加わる羽目に。

 

 

ヘソ出しで公衆の面前に立った13歳の運命やいかに!

 

それから、カタログでご紹介頂けるという前回の新刊「この一冊のために生きてる!」を再版します。

前回はプリンターで出力したものを手で製本し、一冊一冊表紙の絵を描いていましたが、今回はそんな気力も残ってないのでもろもろ印刷所にお任せしました…。

ページ数・お値段はもちろん変わりません…。

 

今回初めてウェブ入稿をしましたが、どんな仕上がりになっているのやら。

勿論印刷や製本に関してはプロの手によるものなので間違いないですが、私自身がとんでもない発注ミスをしていそうでおそろCです。

 

あと、入稿を済ませた日、イベント当日の夢を見ました。

膨大な数の自分の本に囲まれて、1人うつむいている夢でした。

「どうやって持って帰ろう…、というか、家のどこに置こう…」とばかり考えていました。

 

お客さん、来てくれるといいなっ…!

 



おばんです。
秋から春にかけ体重が4キロ増えました。
それはさておき、5/6東京ビックサイトにて開催されるコミティアに参加します。

今回は不参加の予定でしたが、前回の新刊をカタログでご紹介して頂けるという大変なお知らせを頂きまして…!

こりゃあ出なけりゃバチが当たるぜと慌てて申し込んだ次第でございます。

該当の本を新たに刷ったり、せっかく参加するので新刊も用意したいと意気込んだのですが、前述の通り4キロ太ったので、夜に筋トレをする事にしました。
効果は抜群でした。


身体を動かす事で程よく眠くなり、そのまま寝床へ。
また食欲も一層増し、毎日ご飯が美味しいです。
食べた後は更に眠くなり、起きた時には当然、またお腹が減っているわけです。

ということで、イベントの準備は一向に進まないまま、体重は更に2キロ増え、今日に至ります。
あといつもお世話になっていた印刷所が閉店してしまいました。
やばば。

見てくださる方がいる事を願って、前日にはここでお知らせできればいいなぁ…。
というか、イベントないと本当にこのブログ、書くことがなくなってしまう…。


最後に、こんな状態でもこれだけはお伝えしたい…。
前回のに限らず既刊にお声を寄せてくださる皆様、本当に本当に有難うございます!



なんかこう書くと、既にイベントが終わってしまったみたいですな…!


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM