今日は、ティーンの頃憧れていたカフェに行きましたの。
おほほ。


でも閉店まであと10分だからもうすぐ追い出される。

電車、かれこれ4時間止まってる…。

今月は金曜日、ソフトバンクの人は31アイスがタダで食べられるという特典がある。

「私1回も行った事ないよ。この寒いのに…わざわざ…^_^;」
ソフトバンクの友が苦笑する。

なんかごめん。
私、毎週行ってる…。


しかも今まで全部雨降ってた。
勿論(?)先週もザーザー降りだったのだが、「行った事ない」友人に無理言って付き合ってもらった…。
読んでないと思うけど、ありがとう。
どうしても仰々しい色を選んでしまう。

しかし、その後食べたお鍋もなかなかのお色だった。

紫芋が入っているらしいけど、芋感はなかった。
しかし美味でした。

お鍋をつつきながら皆の近況を聞く。
将来を見据えてマンション購入に踏み切った友、いい雰囲気になっている男性との交際に二の足を踏む友。
私だけ相変わらず、報告できる事がない。


あっ、でもこないだテレビの後ろから100円玉見つけたんだった。

子供の頃、友人宅で遊んでいた時のこと。

家の中がどうも慌ただしい。
友の妹や弟達がリュックを持って部屋を右往左往している。察した友が不敵な笑みを浮かべた。
「明日ね、うち家族でディズニーなんだ」
えっ、明日って平日…。
「学校にはお葬式、って嘘つくの」
そう言うと友は冷凍庫からケーキ型アイスクリーム「ビエネッタ」を取り出して切り分け、絶句する私に差し出した。
「はい、口止め料」


あれから20年。
悪天候の中、ディズニーシーに行ってまいりました…。

いや〜寒かった。
朝は駅のお蕎麦屋さんで済ませたのですが、カケとモリを間違えてザルに盛られたつめたーい盛りを注文してしまった。

皆が湯気の立つお蕎麦を美味しそうにすする中、私は1人震えながら箸を握っていた。あったかいお蕎麦に落としたら美味しかろうと+100円で温泉玉子まで注文したのに。どうやって食えばいいんだ。

お汁に落とすと、卵は分離してしまった。

到着後は雨が降ったり止んだりした。
雀がポップコーンをついばみ、その雀を鳩が追いかけ、その後を子供が追い回していたのが可愛らしかった。


ディズニー系統に行くのは5年ぶりくらいなので、園内の良くできた建物改めて見てかんどー。

これ、維持するの大変だろうな…。


ディズニーに詳しい友人がてきぱきとプランを立てて案内してくれるので、私はのんびり後についてまわった。遊具に乗って、久々に声をあげて友と大笑いした。

CGのカメが喋る出し物は何度見ても超楽しい。縫いぐるみとか滅多に買わないんだけど、一日中悩んだ挙句、亀のマスコットを買ってしまった。

楽しい1日でありました。

みなさま、ごきげんやう。
先日はわたくし、京都に行ってまいりました…。

嘘です。
新宿です。

誕生祝いにお友達がおいしいフルコース料理をご馳走してくれました。

写真は1枚ですが、もっとたくさんすごいのあったんです!

今回も方向音痴が絶好調で、同じ道30分ぐるぐる回ってお店の前を3回通り過ぎました。
ゴールデン街近くで「乗ってく?」と声をかけてくれたバイクの兄ちゃんに泣きつき、言われた通り進むと謎の温泉宿に辿り着いてしまいました。
と言うわけで「また」大幅に遅刻しました。
ごめんなさい。


朝は雨の予報でしたが、徐々に雨雲が晴れ汗ばむ陽気に。
友達がYouTube使って(微かな音で)流す洋楽をBGMに、優雅にお散歩を楽しんだのでありました。


喉が渇いたので帰り道1人でスタバへ。

(いい大人がスタバの写真アップ)
テラス席で読書をしてると(今週末図書館に返さないといけない本がある。というか、カフェだとかってみんななんかやりながら飲んでるから自分もなんかやらなきゃいけないんじゃないかと焦っちゃうじゃないか)ちょっとお洒落な人の仲間入りを果たした気分になりました。

ところが静止しているとテラスの灯りがすぐ消えるので、3分おきに筋トレして「いるよ」アピールしなきゃいけないのと、飲料に入ったシリアル的な物がえらい歯に挟まるんで、集中できずすぐ帰った。


会社のボーイッシュな受付嬢Aさんが友人にくりそつなので、彼女に頭を下げられるたびくすぐったい気分になる。

そんなAさんが退職されるらしく、同じく受付嬢のBさんが「今日で顔を合わせるのが最後なので、今Aさんロスなんです…」と悲しそうに明かした。

そんな愛されキャラのAさんにくりそつな友も、今日、結婚してはるか遠くの地へ旅立ちました…。


週末はまた弟が帰省してきた。
前日まで続いていた雨も止み、気温も下がってお出かけ日和に!
と、言う訳でカラオケに9時間いた。


先着5組様くらいまで、フリータイム最大9時間プラスドリンクバーつきで、1人700円という謎の激安カラオケなのです。
故に、開店前から長蛇の列。
主なライバルは地元中学生グループにシニアグループ。
前回炎天下待ち続けたが一歩及ばずフリータイムを逃したので、私達兄弟は復讐を誓ったのだ。

でも、なんだかんだで来るの遅くなって8組目になってしまった。
「ふ、フリータイムは、おじまいでずか?」
血の涙で訴えると、カウンターの兄ちゃんは一瞬身じろいだが「大丈夫です」と答えた。
らっきー!
古株の店員さんだと、こうしてオマケしてくれたりする。


その後9時間の間に20杯くらいドリンクをお代わりして、10回くらいトイレに行った。
手洗い場の壁に何気なく目をやると、「お誕生日の方にはフード一品無料」とあった。

そうだ、今日誕生日だったんだ…。

塾考の末、400円の焼きそばを頼んだ。(メニューがあまりない)
「1番高いやつ(オニオンリング650円)にすれば良かったのに」
と母。(家族で来た)
私もそう思ったけど、食べたかったのが、焼きそばだったんだよ!


という訳で思わず得した誕生日でした。
でも、家族4人分のカラオケ代も、その後の食事代も、私が支払った。


34歳だから、仕方ないね。


夜中の3時にトイレに起きたら、丁度母も部屋から出てきた。
「偶然だね」
私達はよくトイレのタイミングが重なる。
やはり親子だけあって気が合う。
が、それ以外のことは総じて合わない。


同人活動を始めて早4年になるが、いつまで経っても誤字脱字が直らない。
一緒に仕事したくないタイプ。
そして私は、普段から言葉の誤りが多い。
下の会話は、緑が私です。


そもそも言葉を知らないのに、無理するのがいけないんだな。(学べ)


今日まで販売されている、熊のキャラクター「ジャッキー」のペーパークラフトつきハッピーセットを買ってしまった。

シールえほんとか飛び出すえほんとか、紙媒体のおもちゃが未だに好きなのです。
ジャッキーの事をずっとオスだと思っていたので着せ替えの服が女物だったのには驚いた。
15年くらい前やってたメントスのCMに出てきた「ジャッキー」と呼ばれる外国人男性のイメージが脳裏にこびりついているのです。

日曜の昼下がり、風邪でゲホゲホ言いながら組み立てた。
作品名:
誕生日を風邪で台無しにしたジャッキー

そんなジャッキーに巨人の魔の手が迫る。


おお、かわいそうなジャッキー!
私は満足した。


その夜は、リアルな茶色い熊に追いかけられる夢にうなされ、熟睡できなかった。


あっ、あとアレだ、ジャッキー・チェンも男性だから…。


年明け頃にあげた年賀ハガキの記事が、当ブログ内にて半年以上謎のアクセス数を誇っているのですが、一体なぜ…。
何かの検索に引っかかっちゃってるのかなあ、うーん。

そんな一抹の不安を抱えながらも、先日お友達邸のホットサンドパーティにお招きいただいたのであります!

まずはスーパーで買い出しです★o(^-^)o
焼きそば、チョコレート、食べたい物を手当たり次第カゴに放り込む私。
それを持ち運ぶ友。

お家に着いたら、まずお茶で一服する私。
その間に自前のエプロンでささっと前菜を拵える友。

「今すぐこのまんま食いてえなあ」と座り込んで焼きそばを見つめる私。
素早く具材をパンに挟み、見事なキツネ色に焼き上げる友。

ほら、あの、フレンズによって、とくいなこと、ちがうから…。


と言うわけで、完成です!


どーん。


ど・どーん。

上のは、私がマシュマロをギチギチに敷き詰めたため完成した前衛芸術である。

「こんな筈じゃ…」
メンチカツ、餃子、おはぎ…。
肩を落とす主賓。

フルーツやクリーム乗せても、パンで挟めば見た目は同じだよぉ(^з^)-☆

おはぎが思いの外美味しかったのでびっくり。(あんパンみたいなものだからね!)
焼きそばも美味しかった。(焼きそばパンも、あるもんね!!)


食後はずーっとソファを占領しDVDを鑑賞したり、夜中に家系ラーメンやおっきなアイスクリームを平らげたりと贅の限りを尽くした。

翌日(泊めてもらった)朝からソファでうとうとしていると、「朝ごはんだよ」と優しく揺り起こされた。
見ると皆が作ってくれた完璧なブランチが目の前に置かれていた。
上げ膳据え膳でした。


そんな私に天罰が下ったのか、帰宅後ばったり倒れた。
風邪をまともにひいてしまった。


実は出発前夜に口の中が腫れあがり(口内炎なんて可愛いものではない)なんか変だなとは思っていた。
物を口にすると激痛が走った。
初日夜からは身体が重だるく、鼻水が止まらなかった。
翌朝からは喉もひりつく痛みに襲われた。

それでも「鼻炎かなぁ」などとぼやいて最後まで居座った。

だって、楽しいから帰りたくなかったんだもん!!

と言うわけで、みなさま、ありがとう。
感染してたら、ごめんm(_ _)m


ぬおーーーっ。
サマージャンボはずれたーーーーっ。
末等しか当たらなかった。(連番で買うので、それは当たったとは言わない)
財布から2700円がぱーっと吹っ飛んで、ボクらの夏が終わった。

そんな夏の終わりの一歩前、何となく車でさいたま市へ行った。
昔ちょっとだけ住んでいたのです。
その時近所にあったにも関わらず、一度も行かなかった「漫画会館」と「盆栽美術館」というシブい建物に行ってみた。


漫画会館の2階には、漫画本が本棚にずらりと並べられ、来館者が椅子にゆったり腰掛け読書に没頭していた。
部屋の中は狭すぎず広過ぎず、なんか、頑張ればここの本制覇できそう、とか思える丁度いい規模だった。
しかも入館無料ですよ、奥さん!

感激していると時計の針が4時をさした。
と同時に、みんな一斉に本を仕舞い部屋を出てしまった。

なんと、来るのが遅すぎて、訪れて3分で閉室に。(1階の展示室はもうちょっと見ることができる)


さらにその足で盆栽美術館に行ったら、案の定本日の営業は終了致しておりました。

やっぱり、2時過ぎまでカラオケしてから向かったんじゃ遅かったか〜。


日もとっぷり暮れた頃、羽生パーキングエリアに寄り道。


またもや写真が下手で伝わらないけど、鬼平犯科帳とコラボしているらしく、日光江戸村みたいな建物にテンションが上がりました。

でも私の中では、鬼平と言うよりコメディお江戸でござるって感じ。


夏の終わりに楽しい思い出ができた。

そして宝くじ外れた…。


休暇を貰って家族で栃木へ行ってきました。

宇都宮にある大谷石採石場は、地下神殿のような造りで、まるでドラクエの世界です。
やったことないけど、ドラクエ。





写真が下手なのと、モデルがよろしくないのとで、いまいち感動をお伝えする事ができないので、是非これは実際に足を運んで頂ければと思います…。

映画やMVの撮影に使用される事も多いようで、作品のワンカットがずらりと掲示されているスペースもありました。
でも、10年前に一度訪れたことのある父は「こんな写真も、ライトアップもなかった…」。


それはそうと、外の光が差し込む箇所があり最高にファンタジックでした。


実際は外の緑が鮮やかで、うっすら靄がかかって、それはそれはうつくCのですが、どうしてもぼやける。
こんなんじゃないんだ…全然。
他のお客さんもみんな撮影に苦戦してました。
まとめサイトで綺麗に撮れた写真も見られますが、やはり本物が一見の価値ありです。
何より中がひんやりしてるので夏がおススメです。
私が行った日の温度は11度でした。


で、すっかり涼んだものの外に出たとたん汗みずくになってしまったので、パーキングエリアでアイスクリームを食べました。

栃木名物レモン牛乳アイスととちおとめアイス、迷った末に奮発して両方購入。

ところが、「写真、写真!」とギャースカ騒いでいるうちに2つとも見事に溶け、この後大惨事に。


まぁこれも旅の思い出さ、と埼玉の家路についた後、近所のスーパーに買い物に出掛けました。


レモン牛乳アイスが、普通に、置いてありました。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM