つい昨日、失敗をお詫びしたその舌の根も乾かぬうちに…。

 

ま・また!

LINEスタンプを発売しました…。

 

先月末から今月にかけて、一気に絵を描いてしまったのです。

 

再びおたまじゃくしの登場です。

「おでかけ♪おたまスタンプ2(お誘い編)」

https://line.me/S/sticker/3902986

 

前回と同じくお出かけに関するスタンプですが、なるべく前のものと文言がかぶらないようにしました。

(買ってくれた方がいらっしゃるから…!)

 

今回は親しい人にごはんやデートのお誘いをする際から、待ち合わせ当日、事後(言葉の選び合ってる?)の挨拶まで、使えるかなぁというフレーズを選びました。

 

トラブルメーカーである私は、「遅れます」系のスタンプを自らフル活用したいと思います。

しかしトラブルメーカー過ぎて、最近誰からもお声がかからなくなりました。

 

 

そして、気を遣って買ってくださった身内の皆さん。

本当に、有難うございました…。

 

スタンプ作りは今回を以っていったん終わりにします。

いったん。

 

 

初めてのLINEスタンプ販売に漕ぎつけてから、もうすぐ3週間が経とうとしています。

大変有難いことに、ここやつぶやきを見たお友達やお知り合いが、ダウンロードや宣伝をしてくださっています…!

皆さん…本当に、お優しい…(T-T)

 

ところが…!

 

そんなご恩を仇で返すような事態が発生してしまいました…。

 

先週発売した、てるてる坊主の画像に塗り残しを発見してしまいました…。

何十回も確認したはずなのに…。

ひとつ前の記事で「画像加工慣れてきたら楽しくなっちゃってサアー」などとぬかしておりましたが、…情けないです…。

 

気づいてしまったからには差し替えです。

本来背景になる部分が白いままでした。

以下が修正箇所になります。

「どんな絵かと思いきや、こんなレベルじゃキャラクタと背景の境目なんてわからんわ。特に後者」

…ごもっともです…が、「不良品」と判断したものをやはりこれ以上だしておくわけにもいかず…。

「そんなこと言ったらお前の絵なんか全部不良品だよ」

…ごもっともです…。

 

一度販売したスタンプ画像は差し替え不可なので、既存のものを販売停止にし、修正済みのものを新しいスタンプとして再販することにしました。(現在審査中。そう!こんなんでも審査をくぐりぬけてきたのです…)

 

そうなると申し訳ないのは、既存のものにお金を出してダウンロードしてくださった方々です…。

 

私のスタンプが見ず知らずの方の目に留まるのは、内容的にも物質的にもあり得ないので(毎日ものすごい数のスタンプが市場にあがる)、お詫びをすべく可能性のあるお友達に片っ端から伺っています。

 

私「あ、あのさ…ひょっとして、てるてる坊主のやつ、買ってくれた…?」

友「ご、ごめんね…買ってない…。と、鳥のなら、使いやすそうって思って買ったよ!」

私「(ああっ、いやその、買えって言ってるわけではなくてっ…)」

 

気まずくなるばかりで、該当者には辿りつけていません。

 

という訳で、この場を借りて…。

申し訳ありませんでした!!

 

追記:修正版発売になりました。

https://line.me/S/sticker/3930189

よろしくお願いしますっ!

(前の記事のアドレスも訂正済みです)

 

梅雨に入り、毎日蒸し暑かったり肌寒かったり、不安定な日が続いていますな。

 

今日はそんな季節にピッタリの、スタンプのご紹介です。

https://line.me/S/sticker/3930189

 

そう、てるてる坊主です…。

一度作り方を覚えると楽しくなってしまいました。

画像のリサイズや透過処理など、細かい作業が面倒ですが、慣れると描画より没頭出来て面白いです。

手芸のように無心になれます。

マインドフルネスです。

 

日常にお疲れの皆さんも、ぜひ。(作ってみてください)

 

 

LINEスタンプがまた発売になりました。

全然似てないけど小鳥のメジロです。

名を長兵衛といいます。

https://line.me/S/sticker/3804508

なんちゃってべらんめえ口調の長兵衛。

目に優しい体色をしています。

基本の挨拶+αの言葉が入っています。

どうかひとつ、よろしくおねげぇしやす。

物はためし、ということで今更ながらLINEスタンプを作ってみました。

手足の生えたおたまじゃくしです…う〜ん(^_^;

※上の画像は購入後、スタンプ選択タブに小さく表示されるものです。

行動範囲が広がった子供がいろんな場所におでかけする、という設定なので、待ち合わせや帰宅時の連絡に使えるかな?と思うフレーズを盛り込みました。

なんか線がぼんやりしてますが、スマホで見るともうちょいピリッとしてますゆえ…。

今やだれでも販売が可能になったLINEスタンプなのでチャレンジしてみましたが、自分の絵心のなさに愕然としました。

分かりやすくキャッチ−で、魅力的な画像を作りだす皆さんはスゴイ!と改めて思いました…。

い、いいもん!

自分で使うために作ったんだもん!(負け惜しみ)

もし、全貌をご覧になりたい場合はこちらを…↓

https://line.me/S/sticker/3772876

購入画面で見ると更にびっくりするくらいのしょぼさですが、実際押してみるとそこまでひどくないことが判明しました。

(どういう宣伝だ)

ちゃんと見られます、うん。

梅雨入りしましたね…。


セーラームーンとマイメロディがコラボしたカフェに行ってまいりました。
続くオタクの旅。

パステルカラーのラブリーなお店に、ラブリーとは対極な存在の自分はちょっとキンチョーリキッド(>人<;)

いやぁ、しかしやっぱり可愛いらしいのはテンション上がりますな!

去年行ったセーラームーンカフェに比べるとお料理も淡い色味でホッとしました。






お店の中にはモニターが。
小坂明子さんがセーラームーンの楽曲について何やらお話ししてる。
気になるんだけど、モニターに顔向けるとお隣のテーブル覗いてるみたいになっちゃってなかなか見られない…。
それでも再度チラ見すると画面はマイメロに切り替わっていた。
セーラー戦士の存在感が強すぎて、君の存在忘れてたよ…すまん。

「結構ガラガラらしいよ」との事前情報を得て安心していたものの、特に時間を遅らせる理由もないので、開店とほぼ同時に入店。

すんなり座れて、お土産もじっくり見ることができました。
しかしさぁ帰ろうと店を出ると階段まで行列が。
物販コーナーも混雑し始めた。
開催期間終了間際の日曜だったからかな…早目に行って良かった〜。


この日は友人が中学生のお嬢さんを連れて来ていたのですが、帰りの電車の中で彼女が持参したノートに描かれていたおじさんイラストがとてもナイスだった。(お見せできないのが残念です)

どことなく哀愁漂う、にくめないおじさんの顔がたくさん。(でも数式も書かれていたから、最初はちゃんと勉強ノートにするつもりだったのかな)
特別魅力的な坊主頭のおじさんの上には「ふりん住職」と書かれていた。
どうやら、おじさん1人ひとりに物語があるらしい。

更に彼女は「この人の設定当てて」と、その場でさらさらとおじさんを描き始めた。
私が事態を飲み込めずにいると、出来上がったおじさんを見たお母さんは「うーん…ご近所トラブル的な?」と目を細めた。
成る程!!
確かに、近隣住民に物を投げつけたり、路上にバリケードを作って進行を妨害したりして通報される人って感じだ!
少女の天才的な発想は母親譲りなんだな…。

彼女は地元に到着するまでの20分の間に、沢山の個性的なおじさんを生成した。
でもやはり私の1番の推しはふりん住職。
ふりん住職のコラボカフェができたら絶対行こう。
店内にはお経が流れ、モニターにはふりん住職の2.5次元ミュージカル(ふりミュ)が。
人気メニューは「煩悩ゼンカイ精進料理」でキマリ!夢が広がるなぁ。

ところが解散後、何気なくスマホをいじっていたら、何と「71歳不倫住職」とのニュースが!(ニュースなのかそれ)

アメージング…こんなに早く実写化させてしまうなんて。
想いが強ければ、叶わない夢なんてないのかもNE…☆


今回何の話だったっけ?


先日川崎にある藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってまいりやした。

食べる奇天烈大百科がありました。


ここはできたての頃にも一度行ったのですが、大変な混雑だったので、今回はだいぶ落ち着いた館内が新鮮でした。

ちゃんと静かに、一つひとつの作品を鑑賞しなければと思わせる空気感があった。 あぁ、ここ美術館(博物館?)だったんだなぁ…って言う…。(前来た時はテーマパークに近い賑わいだった)

展示されてる原画も「えー、あのページこんなにホワイト入ってたんだ」とかじっくり見ることができた。
誰にも同意してもらえないけど、ドラえもんは初期の絵柄の方がコミカルで好きなのよね。

中庭にあるフォトスポット。
キャラクターと写真が撮れる。

藤子キャラと小さな子供の組み合わせは最強に可愛いな…と子連れのご家族を眺めながら思う。

ワシなんかがドラえもんとツーショットしてもなぁー。と思いつつ、撮る。


そういえば、私が子供だった頃藤子先生の漫画がいっぱいアニメ化されていたなぁ。
丁度子供の時期が終わる、13歳の誕生日に藤子先生亡くなったっけ(;_;)
21エモンとか怖くてちゃんと見てなかったからもう一回見たいな。
絶っっっ対無理だろうけどモジャ公は原作に忠実にアニメ化して欲しかったな。
原作に忠実だったのって主人公が異常な女好きってとこだけだったもんなー。

とマニアックに語った帰り道オバQの単行本を買った。

やっぱりQちゃんは全然バカじゃないよなー。
人間界の常識がまだ充分わかってないだけで、考えも行動もすごくまとも。
人間界に35年も生存してるくせに常識知らずな私こそオバケになって消えたいっス。 (突然のネガティヴ)


超自慢です。

コミティアにて活動されているサークル「late show」のくまい様がなんと…。
私の自画像&創作キャラクターを描いてくださいましたーーーっ!!!


何ということでしょう…!

世界中で私しか知らないキャラクター達が、こんなに愛らしくなってしまうとは…!
元になった私の絵は、愛嬌もなくちぐはぐな感じなのですが(比較のため載せようと思ったけど汚れるからやめた)それをすっごく可愛く描いてくださっています…!
目にストンと入ってくる、キャラクターとして成立している…目指してる絵柄が今ここに(T_T)

くまい様はご自身の作品では、全く違ったタッチのスマートでお洒落な男女を描かれているので、それもまた凄い…!
そして体調を崩されている中で、描いてくだったのです…ありがたや☆*:.。.

…んで、
こちらのイラスト、即座に待ち受けにした私でしたが、ラインやツイッターのアイコンまでこれに変えようとして、「あっ、私が描いたんじゃなかった…」と気づきどうにか踏みとどまりました。

先週木曜日、2日後に控えたコミティアで頒布するため、漫画を描いていたらパソコンに突然鮮やかなピンクの線が現われました。


あと本体がこれまでになかった奇怪な破裂音を発するようになりました。


もう6年の付き合いになるのに、まだ君には僕の知らない表情があったんだね、嬉しいよ…。



動揺して手が震えましたが、絵がひどいのはいつもの事なので、パソコンをだましだまし、出力に漕ぎつけました。




そして土曜日。


カタログもお昼頃には売り切れ、大盛況でした。


今回も都合により家族に同伴を頼みました。

「凄い人だけど、うちの前だけ人がいないね。谷間だね」と父。

もうちょっと言い方があるでしょう…「モーゼみたいでかっこいいね」とか。



そんな混雑の中、凄いサークルさんで埋め尽くされた場内で、スペースまでお越しくださった皆様、足を止めて下さった皆様、今回も本当に有難うございました…!


前回私が何か勘違いして作ってしまったポイントカードをわざわざ持って来て頂いたり、お話をして頂いたり、思わずうるっとなるプレゼントを頂いたり、夢のようなひと時でした…。


新刊、中身も製本もぐちゃぐちゃのうえ、2種類と分かり辛かったと思います;

スミマセンでした…。(それでもやたら頒布物を増やしたがる貧乏性)



それから子どもの日なので(?)小さな女の子がハイテンションでスペースにやってきてくれました。

本当はお隣のお客さん(の子)だったのだけど、お隣さんが取り持ってくださったお陰で、無料の本を持って行ってくれました。

可愛かったなあ…思わずニヤニヤ(*^_^*)

おばちゃん所謂コミュ症で、超嬉しかったんだけどあまり良い対応ができずごめんネ…。


しかしその後、席を外していた父にその事を話すと、「あんな夫婦喧嘩の漫画なんて渡してどうするの」と呆れられました。

うーん…漢字も多いし訳わかんないだろうから、そもそも読まないと思ったけど…。

「なんかもらえて良かった!」って満足してすぐに捨てるか、上に落書きとかして楽しんでもらえたらなぁと思ってたんだけど、「らいねんしょうがっこうー!」って言ってたからな…。

お、親御さんに「この字なにー?」とか聞いて読み上げられていたらどうしよう…。

私の漫画って毒にも薬にもならないけど、お子さんには不適と思われる部分、まったくないってわけじゃない…うう、今度から気をつけよう。


そんなこんなで今回も閉場まで粘り、とても楽しい一日でした!



ルンルン気分で帰宅後、お世話になったサークルさんに早速ごあいさつのメールをしたためようとパソコンを立ち上げると、





あっ…、


そうだ、こうなってんだ…。

 

ブログを書いて無さ過ぎて、ログインの仕方も忘れてしまっていた…。

 

明後日に迫ったコミティアに参加します。

スペース癲孱54a」サークル名「いきいき人生」ですー。

 

新刊は2冊です。

まずいつものエッセイ本から…。

 

家族の思い出を描いた手作りのうすーい四コマ漫画本です。

ほぼちらし。

無料配布です。

お気軽にどうぞ!

※一部、数年前に発行したペーパーと内容が重複します…m(_ _)m

 

 

 

もうひとつは創作です。

サークルカットに「ファンタジーギャグBL」と不安を煽るような文句を書いてしまいましたが、自分でもなぜそんな事を書いたのか、いまいち当時の心境を思い出すことができません。

取りあえずBLにはならず、ファンタジーかといえばそうかもしれない内容になりました。

 

そして表紙は、見るからに品のない感じに仕上がりました。

借りパクされたゲーム機が人間の肉体を得て、自力で持ち主の元へ戻ろうとマンション内をうろつく話です。

話の都合上主人公が最初裸だったり、変な女の人(左下)が出てきたり、品がないといえばないので、大丈夫な御方はこちらもよろしくお願いします…。

28ページ100円、こちらも不器用手作り本の予定です…。

 

ちなみに本文は絵のクオリティが表紙と比べがくんと下がります。

 

あとその中身ですが、現在鋭意制作中です。

 

5日は天気が回復するそうですが、暑さも引き続きなかなかのようで。

当日ご参加の方はお気をつけて〜。

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM