帰宅したら大量の菓子が。

何なんだ。
うちはハロウィンなんて無縁の中高年しかいない家庭なんだけど。 母はこういう包装が鮮やかなお菓子は敬遠するたちだし。
「しかもモロゾフやメリーズ(おしめではない)のチョコだよ」
父が不安そうに紙袋をのぞく。


うーん。
まさか、町内会かなんかから頼まれて、今宵近所の子らがうちに来てしまうのではないか。

今父と2人で困っている。

真相が分かるまで風呂にも入れないじゃないか。


問題の母はママさんバレーに行ってしまっている。何も聞いていないのなら大丈夫だろと思われそうだが家のこと全部ほっぽって突然ロシアとか行っちゃうのがうちの母なのです。

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://dekigokoro.kawamomo.lovepop.jp/trackback/343

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM