パフェを食べるという…。

900円した、いいやつです。
時間がなくて5分程で平らげた。
勿体ないことをしました。

写真見たらまた食べたくなってきた。


昨夜は夜の有楽町へ繰り出し、学生時代の仲間達と会食しました。

このブログを読んでくれている主催の友が、私のマヌケぶりを心配して、数日前にひそかに連絡をくれた。現地集合でなく、駅から連れてってくれるって…うふ。

それでも私は友のくれたラインをきちんと読まず、1人突っ走って全然違う所にたどり着いたのだった…。

お店は私の大好きなチーズ尽くし!
この躍動感がたまりませんな。


私は膨らんだ腹をぽんぽん叩いたり、試しに注文した赤ワインを一口飲んで友に押し付けたり、友の食べかけのリゾットを無断で平らげた。
「かわもとさんは全然、変わらないね…」
みな顔を引きつらせて笑った。

帰りは、1人方向の違う私を、みんなは駅まで送ってくれた。
良い友を持ったものです…本当に。

みんなのしっかりした様子を見て、クリームチーズの様にふやけた私の心も、ちょっぴり引き締まった夜でした…本当に。

本当だってば!


世代だ世代だ…と、今も友との話題にのぼるアニメ、セーラームーン。
しかし最近、「小さい頃本気でなりたかった」と言うアラサーお嬢さん達のピュアな心に触れることが増え、自分らはターゲットより上なのではと最近気づいた。
既に小学生だったもんなー。

そんなセーラームーンがめでたく20周年の5年目に突入したので、月曜夜からコラボカフェに行った。友人がひと月前に席の空き状況を見てくれたところ、既にこの日時しか空いてなかった…すごいな。
当日、待ち合わせ場所が分からず早速パニックに陥っているところに外国人観光客に道を訊かれた。当然答えられず早々に心が折れるも何とか店に到着。

店内では、ウェイトレス姿のセーラー戦士がお出迎え(※絵)。その絵の便箋、昔なかよしの付録であった。友達がそれ使ってお手紙くれたんだっけ。内容は「○○ちゃんムカつかない?あっ川本さん、この手紙の事ばらしたらぜっこうだからね」って感じだったと思う。


さてさてどんな物が出たのかと言うと。
あらあらかわいいパンケーキだ事。



こっちは確か、「うさぎちゃんのお寝坊クロワッサン」と言う名だった。

注文した友の感想。
「私これ寝坊した時出されたらキレる」

私はもっと、キャラクターが前面に押し出しだされてるやつにしたよ〜(≧∇≦)
ネコ型ハンバーガー。
ルナ(左)はひと口かじると中も真っ青。
後ろの聖杯(黄色いの)も中まで謎の黄色い液体で満たされていた。
日本ではなかなかお目にかかれない鮮やかさでした。


調子に乗って2品も注文したため、友人達がとっくに食べ終えて談笑する横で、私は1人鬼の形相で料理に食らいついていた。
思ったよりボリューミーなうえ、時間制限があるんです。
ネバーギブアップ、頑張るわ…。


セーラムーンと同じ、中学生のお嬢さんを持つ友が「あの人亜美ちゃん好きだから」とグッズをお土産に購入。勿論生まれる遥か昔のアニメだが、お母様の英才教育により、年中さんでプリキュアとすっぱり決別した後もセーラムーンは愛し続けているそう。

若い世代が育っていて何よりですね。
向こう25年も頑張ってください。




そして後日…。
(汚い話なのでOKな方だけ下に…)















お通じが、しばらく真っ青に…。

今日は、ティーンの頃憧れていたカフェに行きましたの。
おほほ。


でも閉店まであと10分だからもうすぐ追い出される。

電車、かれこれ4時間止まってる…。

今月は金曜日、ソフトバンクの人は31アイスがタダで食べられるという特典がある。

「私1回も行った事ないよ。この寒いのに…わざわざ…^_^;」
ソフトバンクの友が苦笑する。

なんかごめん。
私、毎週行ってる…。


しかも今まで全部雨降ってた。
勿論(?)先週もザーザー降りだったのだが、「行った事ない」友人に無理言って付き合ってもらった…。
読んでないと思うけど、ありがとう。
どうしても仰々しい色を選んでしまう。

しかし、その後食べたお鍋もなかなかのお色だった。

紫芋が入っているらしいけど、芋感はなかった。
しかし美味でした。

お鍋をつつきながら皆の近況を聞く。
将来を見据えてマンション購入に踏み切った友、いい雰囲気になっている男性との交際に二の足を踏む友。
私だけ相変わらず、報告できる事がない。


あっ、でもこないだテレビの後ろから100円玉見つけたんだった。


年明け頃にあげた年賀ハガキの記事が、当ブログ内にて半年以上謎のアクセス数を誇っているのですが、一体なぜ…。
何かの検索に引っかかっちゃってるのかなあ、うーん。

そんな一抹の不安を抱えながらも、先日お友達邸のホットサンドパーティにお招きいただいたのであります!

まずはスーパーで買い出しです★o(^-^)o
焼きそば、チョコレート、食べたい物を手当たり次第カゴに放り込む私。
それを持ち運ぶ友。

お家に着いたら、まずお茶で一服する私。
その間に自前のエプロンでささっと前菜を拵える友。

「今すぐこのまんま食いてえなあ」と座り込んで焼きそばを見つめる私。
素早く具材をパンに挟み、見事なキツネ色に焼き上げる友。

ほら、あの、フレンズによって、とくいなこと、ちがうから…。


と言うわけで、完成です!


どーん。


ど・どーん。

上のは、私がマシュマロをギチギチに敷き詰めたため完成した前衛芸術である。

「こんな筈じゃ…」
メンチカツ、餃子、おはぎ…。
肩を落とす主賓。

フルーツやクリーム乗せても、パンで挟めば見た目は同じだよぉ(^з^)-☆

おはぎが思いの外美味しかったのでびっくり。(あんパンみたいなものだからね!)
焼きそばも美味しかった。(焼きそばパンも、あるもんね!!)


食後はずーっとソファを占領しDVDを鑑賞したり、夜中に家系ラーメンやおっきなアイスクリームを平らげたりと贅の限りを尽くした。

翌日(泊めてもらった)朝からソファでうとうとしていると、「朝ごはんだよ」と優しく揺り起こされた。
見ると皆が作ってくれた完璧なブランチが目の前に置かれていた。
上げ膳据え膳でした。


そんな私に天罰が下ったのか、帰宅後ばったり倒れた。
風邪をまともにひいてしまった。


実は出発前夜に口の中が腫れあがり(口内炎なんて可愛いものではない)なんか変だなとは思っていた。
物を口にすると激痛が走った。
初日夜からは身体が重だるく、鼻水が止まらなかった。
翌朝からは喉もひりつく痛みに襲われた。

それでも「鼻炎かなぁ」などとぼやいて最後まで居座った。

だって、楽しいから帰りたくなかったんだもん!!

と言うわけで、みなさま、ありがとう。
感染してたら、ごめんm(_ _)m


先週近所のスーパーでお菓子の量り売りを体験したら、1500円もかかってしまった…でも後悔はしていない。

フラッシュ焚くと奇妙な光を放つゼリー。(箸置き)
LEDなのかしら。

今週、同じ店を訪れたらカールいっぱい置かれてました。
(ここは埼玉)
あるとこにはあるのね。


ファミレスのクーポンが冊子になったものをまた2部ゲッチューした。 更に新聞の折り込みチラシのも切り取って、毎日大量のクーポンを持ち歩いている。満たされた日々です。

しかしそれが原因で大事件が起きてしまった。

ジョナサンで、ガストのクーポンを出してしまったのだ…!

正確に言うと未遂だった。
でもお店の人呼び出しちゃったので、仕方なく700円くらいした高いケーキ頼んでしまった。



もう食べ物とかすぐ写真撮るのいい加減やめようと思ってたけど、高級品だから撮った。
そして超美味しかったので、後悔してません。

 

 

ケーキの装飾などに使われる、マジパンというものを作った。

「TVチャンピオン」ケーキ王選手権の中で頻繁に出てきたのを唐突に思い出してわがものにしたくなった。

 

粉砂糖とアーモンドの粉末を2:1の割合で混ぜてこねる。

色つき粉砂糖でカラフルに。

これは何かと言うとメジロです。鳥の。

りんごよりデカいメジロです。

顔は白黒のチョコペンで描いたが、うまくいかず何度もティッシュでふきとるうちどす黒くなった。

 

更に作ったもの。

巨大メジロに材料ほとんど持ってかれた。

残りの材料で何作ろうか悩んでたら生地が乾燥しだしてぱさぱさになり、力を加えるとヒビが入るようになった。

慌てておたまじゃくしにしたら(中央)尻尾がポキンと折れたのでチョコペンでくっつけた。

左下の蓮も(蓮です)パリンと割れた。

白い部分は水の波紋のつもりで、木工用ボンドに見えますが安心してくださいチョコレートです。

おたまじゃくしは坂東お玉三郎と名付けた。

 

そんで、誰も買ってくれないので、このマジパンを使って自分のバースデーケーキを作った…。

夢に出てきそうな感じに仕上がりました♪

 

緑の物体が単なるクリームの海に埋もれているように見えるが、一応土台にケーキ生地が使われている。

 

お玉三郎もケーキにした。

謎の世界観に仕上がった。

 

家族に見せたら「小さい子が一生懸命作ったみたいで好感が持てるよ…」と目をそらされた。

でも、マジパン作りは確かに粘土遊びみたいで面白かったです。

お子さんいらっしゃる方は是非!親子で楽しめるかと。

 

問題は、作った後、どう食べきるかだ…。

 

家族に食べさせようとしても「色が毒々しい」とか「手でベタベタいじくりまわしたものなんか食べたくない」と拒否された。

それでも我慢してメジロをひとかじりした父だったが「あま〜い…」と悲鳴を上げた。

ほとんど砂糖だからね。

 

メジロは特にデカいのが2体いて厄介だった。

私は「こういう和菓子があるだろう…それなんだこれは…」と自分に言い聞かせメジロを攻略した。

 

日を置いたらお玉三郎や花も美味しく感じられた。

ケーキやクリームの部分はとても美味しかった。

出来上がってる市販の物を使ったから。

 

 

今日はもう何年も対面で話してないお友達からも、ついこないだ会って話したばかりのお友達からも、お誕生LINEを頂いてとても嬉しかった。

覚えててくれたのね…。

迷惑メールも1年ぶりくらいに届いた。

覚えててくれたのね…?

 

今年は秋分の日22日なのですな。

明日誕生日の私に「弟からプレゼントが届いたよ」と父に言われ駆け付けたが、父宛だった。

誕生日全然関係なかった。

 

それにしても「さんさ」ってなんだろう…。

 

開けたらりんごが入ってた。

りんご狩りに行ってきたらしい。

 

「さんさ」とはりんごの品種だった(「りんご」って書きゃいいのに…)。

甘みと酸味のバランスが絶妙とのことですが、違いが分からない女なので普通に「りんごだ。おいしいな」とだけ思いました。

 

明日私は33になる。さんさ…。

個人的には32という数字好きだったので名残惜しい。

ひっくり返したら23にもなれたし…(なれねーよ)。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM