初詣は隅田川の七福神めぐりへ。

向ヶ丘遊園にある七草↑

七福神はお寺さんと神社が混じっているので、つい全部柏手を打ちそうになってしまうのでした。


帰り道、スカイツリーで極寒の中テラス席にてふなっしークレープを食べました。

この絵の部分はもなかだそうです(食っても何なのかよく分からない)。
これを乗せれば、なんでも「ふなっしーの…」になる万能もなか。

と思いきや、クレープの中は梨がぎっしり詰まっており、付属の梨汁をブシャーすると旨味倍増。ちゃんとふなっしーならではのフレーバーでした。

いっぱい歩いたけどたらふく食べて、体重が2キロ増えたお正月でした。


先月行った上野にまた行った。
科学博物館でやってるアンデス文明展のチケットをタダでもらったのです。
やりィ!


戦争や宗教がからむハードな展示が多いだろうと、先月見た怖い絵展的ドキドキを期待していたんだけどそこまでではなかった。土器に描かれた魚の絵見てたらお腹がグーと鳴った。

と思ったら最後の方ミイラと骸骨のオンパレードで食欲一気に失せた。特に子どものは痛ましい…。

要所要所に掲示されている子ども向けの解説文に、児童が生贄にされたことについて「1番大事なものを捧げることによって、神様にお願いを叶えてもらおうとしたのですね」みたいに書かれていて、なんかちょっと救われた。みんなちゃんと大事な命だったんだよね…うん。


ミュージアムショップではアンデス展オリジナル手ぬぐいを買おうか超悩んだけど買わなかった。

代わりに復活した食欲に負けてアンデス展限定のとうもろこしの揚げ菓子を買った。多分アンデスで獲れたものではない。

更にとうもろこしのキャラメルも買ってしまった。多分それもアンデスのじゃない。箱の裏面に名古屋とあった。

美味しかったです。


ツイッターをしてるとブログがご無沙汰になってしまうな。

日曜は清澄白河でカフェ巡りをしました。
小さなお店が点在してて、どこもゆったりした雰囲気。おクリスマスイブだから新宿とか行ってたら死んでたろうな。

普段チェーン店ばかりなので、お店ごとにインテリアやメニューに工夫を凝らしてあるのが面白かったです。

古いアパート?の各部屋に雑貨屋さんやワイン屋さんが入った建物がおしゃれでした。(おしゃれだよね??)

黒電話が懐かしい。

じっくり回りたかったけど、本格コーヒー2杯飲んだ後なのでトイレが近くて大変でした。ファミレスのドリンクバーなら12杯はへっちゃらなのになぁ。やっぱりあれは薄いんだな。


上野の森美術館で開催中の「怖い絵展」に行ってきました。
休みを貰って平日に行ったけど、朝10時で80分待ち…。
開館前から長蛇の列だったんだろうな…な、ナメてた(~_~;)

中も大盛況でしたが、学芸員さんの誘導のお陰で、全ての作品をじっくり目の前で拝むことができました。 テレビなどでも何度も紹介され、企画の元となった本も読みましたが、解説も食い入るように見てしまった。美術館で説明文もこんな一つひとつ舐めるように読んだのは初めてかも。

目玉のジェーンちゃん処刑の絵も圧倒的迫力でしたが、個人的には「ホップフロッグの復讐」という絵がダントツ怖かった。

と、思っていたら、最後に記念撮影した自分(左)が亡霊みたいで1番怖かった。



来年秋にはフェルメールが来るそうです。
予約制とかになっちゃうんじゃ…。

子供の頃、友人宅で遊んでいた時のこと。

家の中がどうも慌ただしい。
友の妹や弟達がリュックを持って部屋を右往左往している。察した友が不敵な笑みを浮かべた。
「明日ね、うち家族でディズニーなんだ」
えっ、明日って平日…。
「学校にはお葬式、って嘘つくの」
そう言うと友は冷凍庫からケーキ型アイスクリーム「ビエネッタ」を取り出して切り分け、絶句する私に差し出した。
「はい、口止め料」


あれから20年。
悪天候の中、ディズニーシーに行ってまいりました…。

いや〜寒かった。
朝は駅のお蕎麦屋さんで済ませたのですが、カケとモリを間違えてザルに盛られたつめたーい盛りを注文してしまった。

皆が湯気の立つお蕎麦を美味しそうにすする中、私は1人震えながら箸を握っていた。あったかいお蕎麦に落としたら美味しかろうと+100円で温泉玉子まで注文したのに。どうやって食えばいいんだ。

お汁に落とすと、卵は分離してしまった。

到着後は雨が降ったり止んだりした。
雀がポップコーンをついばみ、その雀を鳩が追いかけ、その後を子供が追い回していたのが可愛らしかった。


ディズニー系統に行くのは5年ぶりくらいなので、園内の良くできた建物改めて見てかんどー。

これ、維持するの大変だろうな…。


ディズニーに詳しい友人がてきぱきとプランを立てて案内してくれるので、私はのんびり後についてまわった。遊具に乗って、久々に声をあげて友と大笑いした。

CGのカメが喋る出し物は何度見ても超楽しい。縫いぐるみとか滅多に買わないんだけど、一日中悩んだ挙句、亀のマスコットを買ってしまった。

楽しい1日でありました。

みなさま、ごきげんやう。
先日はわたくし、京都に行ってまいりました…。

嘘です。
新宿です。

誕生祝いにお友達がおいしいフルコース料理をご馳走してくれました。

写真は1枚ですが、もっとたくさんすごいのあったんです!

今回も方向音痴が絶好調で、同じ道30分ぐるぐる回ってお店の前を3回通り過ぎました。
ゴールデン街近くで「乗ってく?」と声をかけてくれたバイクの兄ちゃんに泣きつき、言われた通り進むと謎の温泉宿に辿り着いてしまいました。
と言うわけで「また」大幅に遅刻しました。
ごめんなさい。


朝は雨の予報でしたが、徐々に雨雲が晴れ汗ばむ陽気に。
友達がYouTube使って(微かな音で)流す洋楽をBGMに、優雅にお散歩を楽しんだのでありました。


喉が渇いたので帰り道1人でスタバへ。

(いい大人がスタバの写真アップ)
テラス席で読書をしてると(今週末図書館に返さないといけない本がある。というか、カフェだとかってみんななんかやりながら飲んでるから自分もなんかやらなきゃいけないんじゃないかと焦っちゃうじゃないか)ちょっとお洒落な人の仲間入りを果たした気分になりました。

ところが静止しているとテラスの灯りがすぐ消えるので、3分おきに筋トレして「いるよ」アピールしなきゃいけないのと、飲料に入ったシリアル的な物がえらい歯に挟まるんで、集中できずすぐ帰った。


ぬおーーーっ。
サマージャンボはずれたーーーーっ。
末等しか当たらなかった。(連番で買うので、それは当たったとは言わない)
財布から2700円がぱーっと吹っ飛んで、ボクらの夏が終わった。

そんな夏の終わりの一歩前、何となく車でさいたま市へ行った。
昔ちょっとだけ住んでいたのです。
その時近所にあったにも関わらず、一度も行かなかった「漫画会館」と「盆栽美術館」というシブい建物に行ってみた。


漫画会館の2階には、漫画本が本棚にずらりと並べられ、来館者が椅子にゆったり腰掛け読書に没頭していた。
部屋の中は狭すぎず広過ぎず、なんか、頑張ればここの本制覇できそう、とか思える丁度いい規模だった。
しかも入館無料ですよ、奥さん!

感激していると時計の針が4時をさした。
と同時に、みんな一斉に本を仕舞い部屋を出てしまった。

なんと、来るのが遅すぎて、訪れて3分で閉室に。(1階の展示室はもうちょっと見ることができる)


さらにその足で盆栽美術館に行ったら、案の定本日の営業は終了致しておりました。

やっぱり、2時過ぎまでカラオケしてから向かったんじゃ遅かったか〜。


日もとっぷり暮れた頃、羽生パーキングエリアに寄り道。


またもや写真が下手で伝わらないけど、鬼平犯科帳とコラボしているらしく、日光江戸村みたいな建物にテンションが上がりました。

でも私の中では、鬼平と言うよりコメディお江戸でござるって感じ。


夏の終わりに楽しい思い出ができた。

そして宝くじ外れた…。


休暇を貰って家族で栃木へ行ってきました。

宇都宮にある大谷石採石場は、地下神殿のような造りで、まるでドラクエの世界です。
やったことないけど、ドラクエ。





写真が下手なのと、モデルがよろしくないのとで、いまいち感動をお伝えする事ができないので、是非これは実際に足を運んで頂ければと思います…。

映画やMVの撮影に使用される事も多いようで、作品のワンカットがずらりと掲示されているスペースもありました。
でも、10年前に一度訪れたことのある父は「こんな写真も、ライトアップもなかった…」。


それはそうと、外の光が差し込む箇所があり最高にファンタジックでした。


実際は外の緑が鮮やかで、うっすら靄がかかって、それはそれはうつくCのですが、どうしてもぼやける。
こんなんじゃないんだ…全然。
他のお客さんもみんな撮影に苦戦してました。
まとめサイトで綺麗に撮れた写真も見られますが、やはり本物が一見の価値ありです。
何より中がひんやりしてるので夏がおススメです。
私が行った日の温度は11度でした。


で、すっかり涼んだものの外に出たとたん汗みずくになってしまったので、パーキングエリアでアイスクリームを食べました。

栃木名物レモン牛乳アイスととちおとめアイス、迷った末に奮発して両方購入。

ところが、「写真、写真!」とギャースカ騒いでいるうちに2つとも見事に溶け、この後大惨事に。


まぁこれも旅の思い出さ、と埼玉の家路についた後、近所のスーパーに買い物に出掛けました。


レモン牛乳アイスが、普通に、置いてありました。


群馬県にある碓氷第三橋梁(通称めがね橋)に行ってきました。
涼しかった…。
別世界だった…。
でも落書き凄まじかった…。


橋に彫られた落書きは20年30年時を遡るのもいっぱいあって、「おぉ〜、昭和56年」とか騒ぎながら、景色より熱心に見てしまった。

橋を渡るとトンネルが。


おお、異空間に続いてそう…。
更に涼しくて気持ちE。


もうちょっとで吸い込まれるところだったけど、何とか、引き返しました。


友人の結婚式に行って来やした。
(ひとつ前のブログとはまた違う方…続く幸せネスカフェゴールドブレンド)




花嫁姿がちょべり可愛かった…。
微笑ましい馴れ初めムービーにはちょっと嫉妬した。
旦那さんに。

わしと、彼女の出会いは今から15年前…。

桜舞うキャンパスにて(また大学)、希望に胸を躍らせていた私は早速、初回の講義で配られたプリントを忘れ青ざめていた。
意を決して隣の席に座っていた少女に「あのぅ…」と情けない声を出すと彼女は
「ああっ、ゴメンねー!(困ってるのに)気づかなくて!」
と素早くプリントを私の方に向けてくれた。
何て優しい人なんだー!

総てはここから始まったのじゃ…。


そーんな気遣いに満ちた彼女は、式の直前まで「1人で来る子がいるから、仲良くしてあげてね」と同席する別の同級生のプロフィールをメールしてきた。

ところが私も大変な口下手で人見知りのため、一緒に来た友人がずっとテーブルを和やかにまとめてくれていた。
途中彼女がトイレ立っちゃった時どーしよーと思った。

私はお隣にいた新郎のご友人に、何故かストIIの話をしてしまった。
(別に詳しい訳ではない…)


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM