帰宅したら大量の菓子が。

何なんだ。
うちはハロウィンなんて無縁の中高年しかいない家庭なんだけど。 母はこういう包装が鮮やかなお菓子は敬遠するたちだし。
「しかもモロゾフやメリーズ(おしめではない)のチョコだよ」
父が不安そうに紙袋をのぞく。


うーん。
まさか、町内会かなんかから頼まれて、今宵近所の子らがうちに来てしまうのではないか。

今父と2人で困っている。

真相が分かるまで風呂にも入れないじゃないか。


問題の母はママさんバレーに行ってしまっている。何も聞いていないのなら大丈夫だろと思われそうだが家のこと全部ほっぽって突然ロシアとか行っちゃうのがうちの母なのです。


私が前に壁ドンの練習して穴を開けてしまった箇所を母がノコギリで更に切り開き、素敵な本棚ができました。
イマドキのDIYお嬢さんにも負けない斬新な発想です。



何という事でしょう、階段です。

「ほら、簡単に穴が空くんだから、もう乱暴なことしないでよ」と母。


う、うん…。



父が卵焼きの上に落としたケチャップで偶然顔ができた。

輪郭は、後で付け足した。

オバゴン(母)が夕刻突然思い立ち、庭の草刈りをしてたら誤ってガス栓をちょん切ってしまい昨夜のシャワーはお湯が出ませんでした。

これはプール、これはプール、と自分に言い聞かせ冷水を浴びましたが、プールはある程度水温が保たれてるし、最後にプール入ったの15年前行ったハワイアンズだからもう身体が色々保たなくなってる。

まだ夏で良かった。

そういやそん時ハワイアンズご一緒した友人が明後日結婚する。
彼女はハワイアンズのプールの底に大量の小銭が沈んでいるのを発見したトレジャーハンターなのであります。(※拾ってないよ)

七夕様、今日はお風呂が直っていますように。


永谷園のお茶漬けのおまけが復活したので、母が懐かしんでいます。

「また買ったら?」と冷やかしたら「必要ない」と返された。そのままどっか出かけていったので、そこまで愛着はないようでした。


1時間後。


買ってきた。

「あんたが買ってって言うから」
何故か私のせいにされた。


パッケージについてる応募券を3枚集めると五十三次全ての絵が揃ったもの?がもらえる、可能性が出てくるそうです。

昔も同じ様な企画があったそうですが、幼かった母は永谷園の住所が分からず(本人曰く「パッケージのどこにも記載されてなかった」)葉書に「永谷園」とだけ書いて投函しました。案の定後日郵便受けに戻ってきたという、恨み骨髄に徹すキャンペーンなのであります。


普通にお茶漬け買ってコンプリートする人とかもいるのかなぁ。

物好きな人が大量に買い占めて、カードだけ抜いて道にお茶漬けを捨てたり…しないか。

ところが応募締め切りを見たら何と1月末までだった。何だコンチクショーと思ったら「平成31年1月31日」までだった。

えっ、再来年…。

というか、平成って、確か30年で…。


オバゴンが最近大量にアイスを買ってくるので、新品の冷蔵庫が早くも悲鳴をあげている。



お分り頂けただろうか…。

似たアイスばかりで、冷凍室の上下段ともいっぱいである。


私と父のお弁当用冷凍食品が入らなくて非常に困っている。



解決策はふたつ。

冷凍食品をやめて、ちゃんと1から全部おかずを作るか。

アイスをおかずに、弁当箱に詰めて持っていくか…。


何故か寒風吹きすさぶ中テラス席へ。


この後色々吹っ飛びます。


こないだ母が突然「ボリビアとアルゼンチンに家を持つ友人に旅行に誘われた。、渡航費の20万さえ出せば40日間食費も宿代もいらんと言われたけど断った。今頃彼女は飛行機の中だ」と悲しそうに呟いた。

どうせ私たち家族に反対されると思ったそうで。

親孝行できない金額ではないし、言えば良かったのに。


でもよくよく考えたらさすがに20万じゃ済まないだろうなァ。

「なんだかんだで30万かかるんじゃないかね」

手遅れだけど父に報告したら「なんだかんだで結局100万のぼるよ…」と返された。

確かに…。


それにしても、そのお友達は一体何者なんだろうか。

 

オバゴンが冷蔵庫を買った。

 

今までどんなに説得しても「バカだねえ、使えるよ」と一蹴されていたが、ふと今使っている物に95年製と書かれているのを見てさすがに考えたようだ。

どんな冷蔵庫にするかは何の相談もなくオバゴンが三菱のに決めてしまった。

「大きくて台所に置けないと思うけど、いいよね。居間に置こうかとも思っている。ピアノの隣。」

こういう人です。

もう説得するのも疲れたので、新しいのをおとなしく待つことにした。

そして最後の夜、私は21年間頑張ってくれた冷蔵庫を写真に収め、別れを惜しんのであった…。

関係ないけど何で5月のブログが比較的よく見られていたのか分かった。

ブログジャンルを「おたく」にしているからだった。

このブログ、同人サークル名で検索してくださっている方がいらっしゃるようなんで、更に「おたく」で絞ってご覧になっているものと推測した。

同人活動と、いつもの自分語りを同じ場所に置いてはイカンな。

ちょっと変えました。

これでストレスなく見られると思うので、ぜひまたいらしてくださいね‼♬(血涙)

 

あと、過去検索されたワードの中に「同人誌 ださい 表紙」というのもあったんだけど、昔「ダサい」というタイトルの本を出したからだよね。きっと。

 

そうだよね!?

 

 

そして新しい冷蔵庫が来る日…。

 

不安を抱えながらもわくわくしながら帰宅したら、意外と汚くてびっくり。

よく見たら古いまんまだった。

なんと新しいのがデカすぎてミリ単位の差で玄関を通らなかったらしい。

いわんこっちゃない。

「三菱ぃ〜、欲しかったのに三菱〜」

嘆くオバゴン。

電気屋さんに迷惑掛けたことを少しは反省してほしい。

 

という訳で我が家の冷蔵庫はめでたく22年目に突入しようとしている。

ニクいね、三菱‼

 

 

こないだ帰省した弟に、オバゴン(母)が「整体ならここがいいよ」と地図を描いて見せた。

左端に「サティ」とある。

イオンになって何年経つのだろう…。

オバゴンはロシアもまだソ連と呼んでしまう。

あと、紙も何気に年季入ってる。

 

 

 

ところでこのブログ、スマホで見るとどの記事にアクセスが集中しているのか見られることを、なんと昨日知った。

(基本ここはお知り合いとお友達とうっかり入っちゃった方しか目にすることがないと思うので、集中と言っても微々たるものだと思うが)

 

なので見てみたら最近の記事の中に5月のものがぽつんとあった。

会社の人に趣味がばれただの、今までの人生で自分の絵を晒していいことがなかっただの、久々に落書きしたら楽しかっただの意味不明なことが長々書いてあって、最後に変な山の写真(山ごめん)が載ってていつも以上に自意識過剰で気持ち悪い文面だった。

よりによってなぜこれに。

キー打ちながら嫌な思い出がぐんぐんこみあげてきて(絵を晒して、のあたりで)気づいたら愚痴ブログになっていたのを覚えている。(しゃべったり、書いたりしているうちにヒートアップして怒り出す面倒なやつ)

これじゃ見ている方への八つ当たりじゃないか…と思い一旦消して興奮したまま描きなおしたら更におかしくなってしまったのだ。

なぜこれに…。

 

もうちょっと様子見て、まだ上位にいるようなら消そう。

そういう所がまた…ねぇ。

 


70年前、祖母は広島の女学校に通う14歳だった。
呉市が爆撃に遭った際、燃えさかる街の様子が20キロ以上離れた広島市からもわかり、祖母は実家のある長崎の田舎に帰りたいと強く願ったという。

それからしばらくして曾祖父が急死し、祖母が一時帰宅した間広島に原爆が落とされた。

今では戦争のドキュメント番組は欠かさず見るオバゴン(母)も、子供の頃は祖母から昔の話を聞くのを嫌がっていた。
「説教されてる気がして」

ある日オバゴンは国会図書館へ行ったと思ったら、大量にコピーした地図を抱えて帰ってきた。
のりを片手に苦戦しながら、ちゃぶ台の上に歪ながらも70年前の広島の街を再現した。

最近すっかり弱ってきた「母ちゃんに見せる」そうだ。

朝、オバゴンがこたつでぬくぬく新聞を読んでいた。
(気まぐれに起きてくる)
早速どかして新聞に目を落とすと、雅子様51歳のニュースが目に飛び込んできてはっとなった。

今日はオバゴンの誕生日でもあるのだった。

今日も冷たくしてしもうた。
とちょっぴり反省してから、「そうだ!ケーキをプレゼントしよう…」と仕事中思い立った。
そうすることで自分の普段の行いの悪さが浄化されると何故か錯覚してしまった。
最近人様に迷惑をかけまくっているのでそんな風に思ってしまった。

という訳でまた一日そわそわして仕事に身が入らなかった。(※毎日)

帰り道、コージーコーナーと不二家をシカトしてスーパーに入った。
が、ケーキは高い。ショートケーキでもふた切れ300〜400円する。
悩んでたら菓子パン売り場にたどり着いた。
半月型のケーキ、いちごスペシャルとバナナスペシャル(各118円)を手に取った。
これを合体させ、クリームを塗りたくればワンホールのケーキになる。
既にホイップされたクリームも買って会計は480円だった。
結構高くついたが、普通ワンホールのケーキなんて買ったら2500円は下らない。
食べ物の値段がどんどん上がっている。

帰宅したらオバゴンがやはりこたつでぬくぬくしてた。
これは計算外。
火曜日は母ちゃんバレーに行く筈なのに…。
気づかれぬよう父の部屋でこっそり材料を広げた。
父にばれると怒られる。
風呂に入ってる間の10分間で慌てて作った。
仕上げに色つき粉砂糖を降り掛けて鮮やかにした。

ほーっ!
ケーキ屋で買うと2500円は下らないワンホールケーキを480円で作った。

でも、ケーキ屋だったらもっときれいに仕上げたよな。

あんまり食べ物の写真を見て「汚い」とは言いたくないがやっぱり汚い。
そして怖い。

絵といいこういうモノといい、私の作るものはたいていこんな風に汚い。


ちなみに、粉砂糖は2年前に賞味期限が切れたものを使用しました。
おいしかったです。

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM