お友達のお嬢さん(現役女子中学生)が、私の35歳を祝って、貴重な絵画を寄贈してくだすった…。

尊い…。

彼女の描く、イカしたおじさまシリーズのファンとしては垂涎ものです。

「ん〜?いいよ〜」と掲載のご許可も頂き有り難うございました!
ついこないだ、年賀状で微笑んでいた可愛い赤ちゃんからこんなプレゼントを頂ける日が来るとは…。
長生きして良かった…!


皆さんも是非「メクダシカリル」で検索してみてください。

ツイッターを始めてからますますブログを書かなくなってしまった。
ホームページもせっかくの有料サーバーだからもっと活用したいな。
閉鎖も何度か考えたけどそれはそれで怖い…。
ここ閉じたら自分何もなくなっちゃいそうだ。

と、毎度痛々しいボヤきから始まりましたが、ほんとにネタのない日々が続いております。

無理に掘り起こすと、先日ジョナサンでくじを引いたら特賞でした。


あと掘り起こすといえば、先日パソコンの中身を掃除してたら描いた覚えのない謎の落書きが出てきました。


女の子の頭の上に男性の背後霊が見えますが、下半身が消えているところを見るとこの女の子もどうやらこの世のものではなさそうですね。

それではみなさん、アデュー☆


超自慢です。

コミティアにて活動されているサークル「late show」のくまい様がなんと…。
私の自画像&創作キャラクターを描いてくださいましたーーーっ!!!


何ということでしょう…!

世界中で私しか知らないキャラクター達が、こんなに愛らしくなってしまうとは…!
元になった私の絵は、愛嬌もなくちぐはぐな感じなのですが(比較のため載せようと思ったけど汚れるからやめた)それをすっごく可愛く描いてくださっています…!
目にストンと入ってくる、キャラクターとして成立している…目指してる絵柄が今ここに(T_T)

くまい様はご自身の作品では、全く違ったタッチのスマートでお洒落な男女を描かれているので、それもまた凄い…!
そして体調を崩されている中で、描いてくだったのです…ありがたや☆*:.。.

…んで、
こちらのイラスト、即座に待ち受けにした私でしたが、ラインやツイッターのアイコンまでこれに変えようとして、「あっ、私が描いたんじゃなかった…」と気づきどうにか踏みとどまりました。


明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします〜。



昨年は個人的にちょっぴり苦しい年でしたが、家族や友人、趣味の活動でお会いした方々の存在の大きさを改めて感じた1年でもありました。
今年は少しでもご恩返しできればな、なんて考えています。




考えてます。
う〜ん…。


先日、家族でドライブに繰り出し、新婚の弟のお宅訪問をした。
あと不思議な建造物に遭遇した。

それはさておき(10分で帰ったから特筆すべき事はない)


ニュースその1
スタバに行ったら超レアなレシートが当たった。

滅多に出ないんですよとお店の人が興奮気味に祝福してくれた。アンケートに答えると好きな飲み物がひとつタダになるそうです。スタバ高いからそいつあ確かにすげえや。

商品手渡し役の店員さんもテンションが高くて、ニコニコしながら飲み物の事を熱く語ってくださった。地元の店舗だから1番来店頻度が高いんだけど、こんな扱いを受けたのは初めてぢゃ。

さてはアンケートがあるから…と言うのは意地悪な見方かね。


あっ、写真のレシートはもう無効ですよん。


ニュースその2
友人2人に勧められ、なんと今更ツイッターを始めました。↓

@kaachanmiteruka

このブログ同様、皆様にとって有益な情報は一切ございません。


会社のボーイッシュな受付嬢Aさんが友人にくりそつなので、彼女に頭を下げられるたびくすぐったい気分になる。

そんなAさんが退職されるらしく、同じく受付嬢のBさんが「今日で顔を合わせるのが最後なので、今Aさんロスなんです…」と悲しそうに明かした。

そんな愛されキャラのAさんにくりそつな友も、今日、結婚してはるか遠くの地へ旅立ちました…。


週末はまた弟が帰省してきた。
前日まで続いていた雨も止み、気温も下がってお出かけ日和に!
と、言う訳でカラオケに9時間いた。


先着5組様くらいまで、フリータイム最大9時間プラスドリンクバーつきで、1人700円という謎の激安カラオケなのです。
故に、開店前から長蛇の列。
主なライバルは地元中学生グループにシニアグループ。
前回炎天下待ち続けたが一歩及ばずフリータイムを逃したので、私達兄弟は復讐を誓ったのだ。

でも、なんだかんだで来るの遅くなって8組目になってしまった。
「ふ、フリータイムは、おじまいでずか?」
血の涙で訴えると、カウンターの兄ちゃんは一瞬身じろいだが「大丈夫です」と答えた。
らっきー!
古株の店員さんだと、こうしてオマケしてくれたりする。


その後9時間の間に20杯くらいドリンクをお代わりして、10回くらいトイレに行った。
手洗い場の壁に何気なく目をやると、「お誕生日の方にはフード一品無料」とあった。

そうだ、今日誕生日だったんだ…。

塾考の末、400円の焼きそばを頼んだ。(メニューがあまりない)
「1番高いやつ(オニオンリング650円)にすれば良かったのに」
と母。(家族で来た)
私もそう思ったけど、食べたかったのが、焼きそばだったんだよ!


という訳で思わず得した誕生日でした。
でも、家族4人分のカラオケ代も、その後の食事代も、私が支払った。


34歳だから、仕方ないね。


夜中の3時にトイレに起きたら、丁度母も部屋から出てきた。
「偶然だね」
私達はよくトイレのタイミングが重なる。
やはり親子だけあって気が合う。
が、それ以外のことは総じて合わない。


同人活動を始めて早4年になるが、いつまで経っても誤字脱字が直らない。
一緒に仕事したくないタイプ。
そして私は、普段から言葉の誤りが多い。
下の会話は、緑が私です。


そもそも言葉を知らないのに、無理するのがいけないんだな。(学べ)


今日まで販売されている、熊のキャラクター「ジャッキー」のペーパークラフトつきハッピーセットを買ってしまった。

シールえほんとか飛び出すえほんとか、紙媒体のおもちゃが未だに好きなのです。
ジャッキーの事をずっとオスだと思っていたので着せ替えの服が女物だったのには驚いた。
15年くらい前やってたメントスのCMに出てきた「ジャッキー」と呼ばれる外国人男性のイメージが脳裏にこびりついているのです。

日曜の昼下がり、風邪でゲホゲホ言いながら組み立てた。
作品名:
誕生日を風邪で台無しにしたジャッキー

そんなジャッキーに巨人の魔の手が迫る。


おお、かわいそうなジャッキー!
私は満足した。


その夜は、リアルな茶色い熊に追いかけられる夢にうなされ、熟睡できなかった。


あっ、あとアレだ、ジャッキー・チェンも男性だから…。


父がでかい店舗のダイソーに行ってきた。
「楽しくてつい色々買っちゃった」
女子みたいな事を言って畳の上に広げた戦利品は、石鹸や靴の中敷などで、残念ながら楽しくなるようなものはひとつもなかった。

アッ、お菓子だ、と思わず手に取った品も、トイレに入れるとシュワ〜とか泡が立って黒ずみが取れるという錠剤だった。

トイレか。
そう言えばさっきから行きたかったのをめんどくさくて我慢してたんだよな。
そんな事を考えながらソワソワしてたら、いつの間にかその場を離れていた父が部屋に戻ってきた。
「トイレ、行ったの」
「うん」
「洗剤、入れたの」
「うん」
「どのくらい置いておけばいいの、20分くらい?」
「確認してなかった」

パッケージを裏返したら「最低2時間」とあった。
更に「汚れが非道い場合は7、8時間置いておくと効果的です」
…。

トイレはふたつあるのですが、洗剤ブッ込んでない方のそれは最近壊れて水が溢れてくるのです。(放置)

「近所のコンビニに借りに行けばいい」
笑っていた父が、間も無く「行きたい」と顔を歪ませた。
ひーっひっひっひ。

それから…。

私達父娘は自室に籠って耐えた。
そして父は2時間、私は3時間を乗り切ることに大成功したのである…!
(真似しないでください)


でも何か、その間、母が入っちゃったぽい。

 

今日から夏休みです。

ひゃっほーい!!

 


先月のことだが、新婚旅行でハワイに行って来た弟夫婦から小包が届いた。

包みを破くとロクシタンのでっかい箱が現れ、次いで小袋に入れられたマカデミアンナッツチョコとコーヒーが申し訳程度に出て来た。
ロクシタンのはひと目で男物と分かるデザインだった。 手紙が添えてある。
「お土産と、父の日のプレゼントです」
ぬっ…!

これが「娘」と言うものか。そうか。
まともな家には父の日母の日が存在して、独立した娘も身銭を切って品物を贈るという話を聞くが、これがそうか…。

思えば自分は、一度も父に「娘を持った喜び」を味わわせたことがなく、失望させる一方だった。
お父さんヨカッタね、まともな娘ができて…。
 

ところがひとつ問題が。

弟よ、中身の説明がフランス語とかなので、用途が分からず家族一同困っております。

試しに母が箱を枕にして昼寝してみましたが、固さと内容物の放つ香りが気になって眠れなかった、と怒りをあらわにしております。

こんなおしゃれな物、我が家にはブタに真珠だってわかっているでしょう。

お嫁さんの前で見栄を張らずに、素直に萩の月の類似品とか送ってくれれば良かったのです。

ハワイから。

 

 

ところで父の日に何もしたことがない、と私がこぼすと「4年生の頃肩叩き券をくれたじゃない」と父。

 

そう言えばそんなこともあったな…。
券は5枚綴りになっていて、「さいたま券」「志村券」など、用途が不明なものもオマケした記憶がある。

因みに、4年生とは小学生ではなく、大学生です。
 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

主な登場人物

オバゴン:母親。 弟A・B:双子。既に家を出ているため盆と正月くらいしか登場しない。3人そろうと桃鉄をするのがルール。 父:父親。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM